広島の学習塾|一斉指導・個別指導・少数指導で学力と実力を鍛えます
教室ブログ~学習共同体通信

会長

NHK本日放映!河浜塾本部は果たして映るか(笑)?

まずはNHKホームページより
あいたい 「“佐伯”でみつけた景弘の心~広島市佐伯区 旅人・温水洋一~」
中国地方各地の宝に出会う旅番組「あいたい」。今回の舞台は広島市佐伯区です。ここでは今、住民たちが大河ドラマ「平清盛」をきっかけに、厳島神社の神主として清盛とともに社殿造営に尽力した佐伯景弘に、郷土の英雄として街を元気づけ、住民同士の絆を強める役割を期待しています。旅するのはドラマで佐伯景弘を演じている俳優・温水洋一さん。佐伯景弘の歌や神楽を新たにつくり、宝にしようという佐伯区の人たちに出会います。
【本放送】総合11月9日(金)午後8:00~8:43<中国地方向け>
【再放送】総合11月10日(土)午前10:30~11:13<中国地方向け・岡山県を除く>

 
左の写真は、右から、俳優の温水洋一さん、浜崎印刷社長の濱崎義治さん、漫画家の甲斐さゆみ先生と河浜です。

121109b_l          121109c_l

河浜塾本部では、子供たちと一緒のシーンも・・・(実際にはカットになってるかも…)でも、もし出てるとしたらカワハマはきっと画面からはみ出してるので、ちょっと目立つかも…(大笑)。下の写真は、温水洋一さんのサインを持つ河浜。

サイン。

ぬっくんがやってきた!

10月31日、河浜塾の本部八幡校にNHK大河ドラマ「平清盛」で当時の嚴島神社の神主「佐伯景弘」役を熱演しておられる俳優の温水洋一さんが来られました。
ぬっくん2この日は平清盛と佐伯景弘についての歴史の特別授業を実施、温水さんは小5・小6のみんなと一緒に授業を受けました。みんなと一緒に手を上げたり、質問に答えたり・・・。一緒に授業に参加した子供たちのサインのおねだりにも応じていただいて、本当に恐縮しました。教室の外にはたまたま自習に来ていた他の学年生徒もおり、気さくに手を振っていただきました。

温水さんは、とても温かい雰囲気を持った謙虚な方でした。

河浜は、あくる日も歴史散策のご案内でした。

NHKでは、景弘ゆかりの地である佐伯区と温水さんが出会う番組を企画して、佐伯区内のあちらこちらで佐伯区の住民と触れ合うシーンを収録。その一つが河浜塾だったわけです。塾の子供たちとのシーン・その他もいろいろとりましたが、実際のオンエアではほんのちょっとしたシーンになりそうですね(笑)

NHK広島放送局制作・番組名「会いたい」“佐伯景弘”で新たな絆を~広島市佐伯区~
11月 9日(金) 総合 午後 8:00 ~ 8:43 中国地方向け
11月10日(土) 総合 午前 10:30 ~ 11:13 中国地方向け

ぬっくんが来るよ(温水洋一さん、。来塾予定)

近々、この人が佐伯区に出没。「学習共同体河浜塾」の本部八幡校にもお越しになる予定です。
大河ドラマ「平清盛」で注目される宮島の厳島神社。今年は例年を上回る観光客でにぎわっています。その厳島神社で清盛の時代に神主をしていた佐伯景弘は、当時の佐伯郡の郡司でもあり、清盛に平家納経を促したり、厳島神社の国宝社殿を建てさせたりという大活躍をした人物です。その景弘役を演じているのがこの方、「温水洋一」さん、ぬっくんです。
河浜の歴史の授業にも参加。歴史を訪ねてあちらこちらを散策します。それを収録した番組は11月9日(金)夜8時NHK「会いたい」という番組で放送される予定です。再放送は10日(土)午前10時半より・・・。

ぬっくん2 (2)
画像は、浜崎印刷さんに送っていただきました。

ゲリラ的「ミニ社会見学」第2弾

本日、ゲリラ的「ミニ社会見学」の第2弾が行われました。今回のテーマは「西国街道と松」。西国街道の話をする前に旧八幡川の川筋がどこにあったかを訪ねて、佐伯区コイン通りの「IZUMI]のところまでいきました。

そのあと、江戸時代初期の西国街道と後期の西国街道をワゴンで通りながら解説。西国街道の楽々園の所に残る2本の松並木の松をみました。そして、当時の橋がかかっていたところにある、三筋川の柱跡や、一里塚の標柱を観察。廿日市市に入って、廿日市市にただ一つ残る街道松も見ました。歴史を目で見、手で触れる試みに生徒の皆さんもイキイキしていましたrekisan

ゲリラ的「ミニ社会見学」

ちょうど1週間前の10月19日。五日市中央教室では、会長河浜の「ミニ社会見学」を行いました。

ミニ社会見学は授業の時間内で行う社会見学です。

この日は、五日市の歴史的な史跡「源範頼の墓」「仁助法親王の宝篋印塔」「坪井将監の力石」を回りました。

写真は、佐伯区三宅の源範頼の墓。のりより

矢野教室「平清盛歴史講座」

今年の「清盛ブーム」で、会長河浜は引っ張りだこ。講演に歴史散歩にと塾の勤務時間以外の時間を使ってあっちこっちへと飛びました。清盛本の出版のあと、今度はNHKへの出演の話も来ているとか・・・。何やら絵本も出版されるらしいのです。
さて、先週・10月20日土曜日には、私どもの教室「矢野教室」でも、生徒保護者に対して、清盛のお話をしてほしいとの依頼を出しましたところ、OKがでて、歴史講座の開催となりました。
当日は22名の参加。うち保護者の参加が1名、塾生以外の生徒さんの参加も3名あり、興味深い会が展開されました。
「平清盛はコインを輸入したコインおじさん。」
「平清盛は女性に支えられたうらやましいおじさん」
「平清盛は、細かい気遣いの接待おじさん]などおもしろいフレーズやクイズも交えた講演でした。
アンケートも楽しい講演でしたとか、今までと違った角度で歴史を見られてよかったなど、全員に好評でした。写真は、学校の定期テスト得点アップの記録の前で話す河浜会長。(矢野教室長・高原)

2012102419250000 (2)

業界誌に矢野教室が紹介されたよ!

私塾界掲載   学習共同体河浜塾の矢野教室の広島県立中学校受験コースが、学習塾業界の業界誌「月刊私塾界」に2ページにわたり掲載、紹介されました。記事中には、高原先生と会長のツーショット写真も・・・。

Facebookより「河浜の嚴島神社案内」9

生徒の皆さん。
客神社祓殿に目をやると祓殿の真正面の高欄(手すり)が取り除かれていることに気が付きますね。これはこの位置に船をつけて参拝することに配慮したもので、当時は海からの参拝を正式のルートとしたのです。
その屋根は入母屋(いりもや)造りで高欄のない真ん中の位置だけ屋根が切り上げられ、入り口が大きく開いています。これは舳先が高い船がぶつからないようにしたものだと想像することができます。
さあ、目をつぶって想像してみてください。五重塔が作られた室町時代には、瀬戸内をゆく舳先(へさき)が高い船が神社にやってきました。中国からやってきた舳先と艫(とも)が高い唐船や舳先が龍の頭をかたどった船が乗り付けることがあったのかもしれませんね。岡の上の五重塔の軒先も美しく反って、のびやかに宙をさす中国風。そっと時空の旅に出れば、宮島はいろんな船が出入りする国際都市だったんでしょうね。想像しただけでワクワクしませんか.

                              まろうど3

Facebookより「河浜の嚴島神社案内」8

                             603393_353620234713144_112755634_n

さあ、生徒の皆さん。
厳島神社の平舞台からみた、客神社の祓殿(はらいでん)です。白い壁のような(実際には板壁)のような高欄は、波が入らないように作られた波除けの高欄です。でも正面だけは、まるで口をあけたように、ぽっかりあいていますね。こりゃどうしてなのかな?ちょっと想像してみてください。

Facebookより「河浜の嚴島神社案内」7

本社の祓殿や客神社の祓殿の屋根は入母屋造り切り上げ屋根という様式。海からの参詣を正式ルートとした厳島神社の上陸地であった現在の平舞台あたりや客神社祓殿から見える3つの屋根は(朝座屋の西側も含む。)すべて、入母屋造りです。

DSC_0722
逆に現在の社務所の前あたりから見える客神社の本殿や拝殿は切り妻造り。同じ位置から見える朝座屋の東側も切り妻造りです。つまり、カワハマ説では(このことにふれた文献はまだないと思います。)これらの屋根はデザインを統一しているんです。
重要な場所から見た屋根のデザインを統一し、社殿を美しく見せる工夫をしていたのです。(写真は東・社務所前から見た朝座屋。屋根は切り妻造り。)

Page 8 / 10«789»
  • お問い合わせ

教室ブログ

検索

  • facebook
  • twitter

ナンプレ問題に挑戦

Copyright © 有限会社広島カルチャーストック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.