4月21日(日)、学習共同体恒例の春イベント「小6社会見学」に行ってきました。

快晴の中、元気に楽しく様々な活動を行ってまいりました。

まずは「歴史民俗資料館」を見学。

広島県内を中心とした原始・古代の様々な出土品が展示されている資料館で、

佐々木先生の講義を聞きながら、縄文時代~古墳時代までの石器や銅鏡などを見てまわりました。

言葉だけ、写真だけの知識であった土器や埴輪、銅鐸などを生きた学習体験にすることができました。

歴史民俗資料館を見学した後は、「弥生時代の炊飯体験」。

学芸員さんによる復元弥生土器での炊飯とともに、自分たちで土鍋によるお米炊きにチャレンジしました。

無事にふっくらご飯が炊きあがりました。

炊きあがったご飯を芝生広場に運び、お弁当タイム。

持ってきたお弁当と、みんなで協力して炊いたご飯を美味しくいただきました。

次は、広大な丘陵で、説明を聞きながら古墳を見て回りました。

古墳見学の後には竪穴式住居や高床式倉庫の見学もしました。

そして最後に、勾玉作り体験。

みんな集中して真剣に少しずつ形を整えていきます。

今日の思い出の一品が完成。

あっという間に時間が過ぎ、充実した楽しい一日を過ごすことができました。

この日の体験学習をレポート作りや今後の勉強に活かしてくれるよう期待しています。